スライドの役割と落とし穴

Pocket

■違いを生み出すスライドのコツ

 パワーポイントなどの視覚に訴えかける表現は、今やプレゼンに欠かすことのできないツールです。そして、手軽に作ることができるだけに、世の中に氾濫し、その分差がつきやすくなっています。
 聴衆の理解を助け、あなたの強い味方となるような、そんなスライドを作るには、どうすればいいのでしょう?
 そのためにはまず、スライドに対する、最悪な考え方を捨てるところから始めましょう。
 その考え方とは何か? それは、手元資料をスクリーンに映し出したものがスライドだ、という考え方です。
 プレゼンでは、多くの場合手元資料が配られます。
 そしてさらに多くの場合、スクリーンにも同じものが映し出されます。
 文章とグラフで埋め尽くされ、まるで視力検査のような字の大きさの…
 このスライドを使う意味とはなんなのでしょう? 聴衆のほとんどは、「それは書いてあるだろう」と思っているに違いありません。そして次に、「帰って読めばいいや(実際には、読みもしないのですが)」となり、意識は別のところにトリップしていきます。
 このような悲惨な状況にならないよう、プレゼンのスライドを手元資料そのままにするのは避けるべきです。
 そもそも、対面でのプレゼンの目的は、あなたの情熱を伝えることです。
 メールでもいいだろう。後で資料を送ってよ。
 それではダメなのです。なぜなら、そこに「あなた」はいないのですから。
 対面でのプレゼンで聴衆は、今、そこにしかいない「あなた」から価値を受け取るのです。
 スライドは、その目的に沿って、あなたを補助するものであるべきです。
 そのためには、1枚のスライドに含める情報は、1つにとどめましょう。
 そして、スライドの枚数も、多くても5枚にとどめましょう。
 つまり、スライドで伝えられる情報は5つまで。
 そう考えてスライドを作っていきましょう。ここでも、大切なのは「引き算」です。
 無駄な装飾は、できる限り省きましょう。アニメーションも同じです。
 大切なのは、美しくこったスライドではなく、あなた自身に注目してもらうことなのです。

Published by