プレゼンの基本

Pocket

■ 一味違うプレゼン、その秘密は…?

テレビのCMで、サラリーマン役の俳優が、力を込めてプレゼンをしているが、肝心の、聞き手の重役は寝ている… そんなものがありました。
ビジネスシーンの中で、避けて通れないプレゼンテーションの機会。ですが、先のCMのように、失敗してしまう怖さは誰しも感じるものかもしれません。
ここでは、同僚や上司、取引先から「こいつはちがうな」と思ってもらえるような、優れたプレゼンテーションを行うための方法についてご紹介していきます。

■ 4つのポイントから解きあかす、グッドプレゼン

プレゼンテーションといっても、様々なものがあります。
会議室で、ホワイトボードやスライドショーを使いながら行うものもあれば、エレベーターピッチのように、立ち話がプレゼンになることもあります。
そのすべての共通するポイントを2つと、ビジネスシーンの中で多くある、スライドショーを使ったプレゼンについての2つのポイントを、ここでは確認しておきましょう。
プレゼンテーションすべてに共通するポイントとしては、
「それはなにか」「メリットはなにか」を、簡潔に、かつすぐに示すことです。
これは、まさに基本中の基本。ですので、実践されている方も多いでしょう。
皆さんが普段から心がけていることをブラッシュアップできるとすれば、言葉の選び方。
オバマ氏が、アメリカ合衆国大統領選挙でキャッチフレーズにした「We can Change」はあまりに有名ですが、影響力のあるメッセージには必ず、短く、シンプルでわかりやすいキャッチフレーズがあります。
プレゼンをしたい商品や企画の魅力は何か、ポイントは何か。それを考えていけば考えていくほど、通常は長く、複雑になっていく表現を、短く、シンプルにまとめなおし、それを冒頭で伝える。
それが重要です。
ふたつ目のポイントは、話し方です。
話し方とは、声のトーン(抑揚)、間、スピード、大きさの4つでコントロールされます。
この内、プレゼンテーションで特に重視したいのは、間とスピード。
間、つまり沈黙は、できれば避けたいというのが、多くの人が感じることでしょう。
結果的に、次から次へとマシンガンのように話しつづける人がいます。
ですが、それは聞き手にとっては、単調で、興味を持ちにくく、親しみにくいものになります。
あえて沈黙を用意し、聞き手の興味や想像力をかきたてること。
これが、プレゼンを印象深く、効果的にします。
そしてもうひとつは、スピード。プレゼンを苦手にする人に多いのが、「早口になってしまって…」という悩みです。ですが、実際には、早口であることは、それ自体はマイナスではありません。有名な通信販売の語り口調を思い出してみてください。一貫して、非常に早口ですよね。でも、あの早口が、聞き手の興奮を生み、早く買わないと、という気持ちをかきたてるのです。早口でもゆっくりでも、問題なのは、話す内容と話すスピードがあっていないことなのです。
自分が何をプレゼンするのか、そして、その中のそれぞれのパートに最適なスピードは何か? それを考えていく事が大切です。
スライドショーは、「センス」が問われるとよく言われます。
ですが、2つの基本的なポイントを守れば、誰にでも簡単に、センスのいいスライドが作れます。
そのポイントのひとつは、スライド一枚の情報量。
一枚のスライドの中での情報量は、できるだけ少ないことが望ましいです。
特に、スライドに文章を入れるのはできるだけ避けましょう。
色も、情報量に含まれます。
一枚の中にたくさんの色が含まれると、カラフルになり、なんとなくクリエイティブな仕事をしたような気になります。
ですが、見る側からすれば、処理すべき情報の量が増え、理解しにくくなるのです。
一枚の中で使う色の量は、多くても3色。
写真などを使う場合は、文字の色をできるだけ、写真の中にある色で構成しましょう。
センスのいいスライドにする、ふたつめのポイントは、アニメーションなどの余計な効果を使わない。スライド初心者に多いこととして、アニメーションの多用があります。ですが、アニメーションが多ければ多いほど、見る側にとっても、プレゼンする側にとってもストレスの多いスライドになります。
以上のポイントを守ってスライドを作るだけで、あなたのスライドは、ぐっと「センス」が良くなります。
そして、グッドプレゼンに近づくことができるでしょう!